2017年08月31日

『見落とされた癌』−3−信頼関係の築き方


この方、竹原慎二さんの本を読んでもう一つ思ったこと。
それは、信頼関係の築き方についてです。

17-0819.gifこの病院に転院してきて本当に良かった。僕は自分の思っていること、望む治療方法、要望をはっきりと言った。疑問点や不安な点も正直な気持ちを話してきた。患者側も勉強し、意思表示をしなくてはダメだ。そして、ここでは僕の要望に出来る限り寄り添ってもらえた。もちろん、ときには僕の素人考えの知識で無理な要望もあった。でもそのときは、それが出来ない理由をキチンと説明してくれたから、すごく納得出来た。だからとても良い信頼関係が気づけたのだと思う。

患者側も医師側もキチンということを言い合う仲で、信頼関係が生まれていったようです。
これは、住まい作りも同じでしょう。
建築には素人だから、口を出さない。出すな、というのもダメ。
建築トラブルでも、建てる側が建築主の疑問や不安に的確に答えないことで、疑心暗鬼が生まれるケースも意外と多いです。

信頼形成は、結局双方の問題なんですね。
片方が一生懸命疑問をぶつけても、それに相手が答えなければ信頼関係など生まれない。
同様に、建てる側がいくら一生懸命説明しても、「お任せ」的態度の建築主とでは信頼関係も築けない。

17-0831.jpgだから、信頼関係を築き、あるいは求めようと思えば、そういう人との巡り会いも大事です。片方だけの努力では出来ない問題ですから。
そして何よりも、相手と信頼関係が築けるかどうかは、まずは、こちら側のアプローチ次第。遠慮はダメだということですね。
その次に、「納得してもらうこと。納得出来ること」−そういう相手なのかどうか−という事でしょうか。

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 11:21| Comment(0) | 大きなお世話

2017年08月24日

『見落とされた癌』−2


17-0819.gifこの本を読みました。
そして、この本を読んで、どこも基本は同じだなぁ・・という思いを強くしました。

医師に遠慮してはいけない
前回紹介した言葉ですが、文中では次のようなことも書かれてありました。

どんな名医であろうが14%は、誤診をしてしまうらしい。平均的な医者の誤診率は30%ぐらいあるそうだ
僕ら患者は身体の不調があれば病院へ行く。専門家を頼る。だが、そこを100%信じ切り、頼りすぎると、とんでもない目に遭う可能性もあるのだ
もし今、自分の感じている身体の不調があるのなら、難度でも医者に訴えた方が良い。追求した方が良い。遠慮なんてしていたらダメだ

この方の場合は、最初の長年の知人であった医師(ホームドクター)が、本人の不調を真剣にとりあわなかったために、ステージ4の癌を見落とした、と言うところから事件は始まるのですが、要は、医師に遠慮したことです。

その経験を経て、そんなことをするなよ!とこの人、竹原慎二さんは訴えています。

このこと自体(長年の知人、ホームドクターという関係で遠慮したこと)は、人間なので仕方の無いことだとは思いますが、似たような事は住宅を取得するときでも起こります。
人に迷惑をかけてはいけない、と考える遠慮気味な人や、物事をはっきりと言えない交渉ベタな人に多いです。無条件に専門家を信じ切ってしまう人もそうですね。

この人、竹原慎二さんはもう少し遅れていれば癌で死ぬところだったし、そこから生還するのに多大な時間と費用と体力を使ってしまいました。「もう少し自分が遠慮しなければ」「もう少し、自分の身体の不調を自分がおかしいと意識しなければ」・・とあとになって気づきます。
そのことが、この本のテーマの一つです、。竹原慎二さんが訴えたいことの一つです。

17-0824.gif住まいの水先案内人」サイトでは、「悩んだときに読むページ」というコーナーを設けていますが、その1/3程度は、そのような人(人に遠慮する人)や対人関係に困惑する人に対する助言で占められています。
2.3紹介すれば、次のような記事ですね。
臆病な自分と決裂しよう
業界のルールがわからない


生死を左右することだけで無く、住宅取得だって延々35年のローンを支払い続ける大事業です。
相手への配慮はしても、遠慮はするな。
自分の言いたいことはキチンと言おう。伝えよう。

この本は、分野は違えど、重大局面で人が取るべき態度はみんな同じであると思いました。
次回はもう一つ、この方が相手との関係について大事な事を語っています。そのご紹介です。


13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:56| Comment(0) | 大きなお世話

2017年08月19日

『見落とされた癌』(竹原慎二、双葉社)


という本を買いました。
衝動買いで、AmazonNで、プチッとしただけで、まだ読んでいないのですが 届いた本の「帯」を見たときに、フッと「この言葉は、自分たちにも共通する言葉だな」と思った言葉があります。

17-0819.gifその帯には次のように書かれていました。
「余命1年」
僕に残された時間だ。
諦めず、セカンドオピニオン、サードオピニオンと受け続けた。医者に遠慮してはいけない。自分のたったひとつしかない命なのだから−。元ミドル級世界チャンピオン、竹原慎二が膀胱癌ステージ4からの生還を果たした奇跡の物語。

この「医者に遠慮してはいけない」と言う言葉を、「設計者、建築士、専門家に遠慮してはいけない」と置き換えると・・。

家を建てる。そういうときに住宅会社から、「最近の客は無茶を言う」と言われる客も増えています。反面、建築士や住宅会社とのコミュニケーションが苦手な人も少なからずいます。

人の命と比較は出来ませんが、一生返さなければならないローンを抱える決断をするのに、遠慮がちに行動するのはやっぱり良いことではありませんね。
唐突な話ですが、この本の帯を見て、フッとそのような人たちがいることを思い出しました。

参考リンク・・悩んだときに読むページ

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 16:47| Comment(0) | 大きなお世話

2017年08月08日

夏を乗り切る小ネタ集−4(日陰をつくれ)


夏本番です。
17-0808.jpg信号待ちをする交差点では、多くの人が日陰を探します。信号まで遠くても建物の日陰が良い!
夏の日傘は女性の夏の風物詩。男性でも日傘をさす人をたまに見かけます。
それだけ日なたと日陰では暑さが違います。
太陽の日射しは痛いほどですね。
そりゃまぁ。地面の温度ってすごいです。右のページにそのことを紹介しています。・「田舎は涼しい

家も同じで、夏だけ家用の日傘があれば良いのに・・・!!

それは冗談としても、夏の暑さをしのぐには、
1.バルコニーやテラスの前には「オーニング」や「ターフ」で日陰を作る。
2.窓に太陽が入らないように、「すだれ」を吊す。
3.窓にはカーテンを吊し、熱が入るのを少なくする。
小技はいろいろあるのですが、『全てに共通することはマメさ』です。
特に台風シーズンでは、強風が良さ鵜される地域に当たると、これらの小道具をしまう必要が出てきますね。
要は、『住宅の窓にも日陰をつくれ』ということなのですが、ついつい、面倒くさ〜い!!そう考えてしまいがちですね。

17-0808-2.jpg少し前、ある方のご自宅に伺ったとき・・・
『テラスの照り返しがすごくて、暑いんですよ』と言われました。私は、
『テラスの前にオーニングやターフをして、少しでも日陰を作り、タイルからの照り返しを無くすとマシになりますよ』と返したのですが、返ってきた返事は、
面倒だなぁ〜』でした。
(右の写真は、カインズホームのターフです。)

この時点で、この方はエアコンに頼るガンガンの快適さしか手に入らなくなりました。
以下、参考記事です。
パーゴラを作ろう、・簡単オーニング、・カーテンの仕切りで快適に、・暑さを半減カーテンテク

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 11:43| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2017年07月29日

暑い夏を乗り切る小ネタ集−3(湿度を制する)

梅雨も終わり、カンカン照りの季節になってきました。
ホンの数日前の梅雨っぽい時期はどう過ごされましたか。

人が快適差を感じるには、「気温」だけで無く、廻りから発する「輻射熱」も大きな影響を与えます。
前回、エアコンは、室内の壁や天井(床)の温度が下がらないとエアコンは回り続けると書きました。いわゆる「輻射熱」です。

そして、快適さを左右するもう一つは「湿度」ですね。

梅雨時で無くても、雨が多い初夏は蒸し暑いです。
蒸し暑さを撮らないとなかなか快適さは得られませんね。
もちろん、エアコンにも「除湿機能」はついているのですが、完全ではありません。
私も試しましたが、数回使っただけで止めました。今では湿気たときは、梅雨時同様に「そもそも除湿の専用機器である除湿機」を使っているのですが、驚いたことがあります。
それは、リビングなど除湿したいと思う部屋に置くのでは無く、1階の倉庫や物入れなど、どちらかというと湿気が溜まっているところに除湿機を置いて運転すると、意外や意外!!、2階も含めて、家全体の湿度が下がっているのが実感できます。

湿度は、気温の低いところほど、高湿度になります。つまり、湿気が溜まります。
そして、家の湿気は、1階ほど高湿度になり、閉じられた部屋ほど高湿度になりやすいです。かといって湿気が閉じられた部屋だけに閉じ込められているのではありません。ドアなどのわずかに隙間から、湿気は移動します。そして、1箇所湿気が多いところがあると、「輻射熱」同様に家全体に影響を及ぼすようです。

それ以降、我が家では蒸し暑さを感じたら、まずは物入れに置いた「除湿機」を運転し始めます。そうすることで、必ずしも人がいるリビングやキッチンだけを除湿しなくても、家全体が少しずつですが除湿しているようですよ。
一度、お試しあれ・・!

2017-0729-2.gif


13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 11:26| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2017年07月24日

暑い夏を乗り切る小ネタ集−2(もったいない精神はダメ)


今日は暑い部屋を涼しくするエアコンについてです。

エアコンを使うのがもったいなくて、ついつい、暑さを我慢する・・。
そういう方は多くありませんか?
でもそれは、「断熱が十分でなかった古い住宅での使い方」です。
高断熱化した住宅では、その気持ちは捨てましょう。

でもそのためには、室温とエアコンの関係を理解しないとわかりませんよ。

■室温は、空気だけを下げているのではない。
まずはじめの大きな勘違いは、室温が設定した温度に下がったから、エアコンは効いた!と思っている方がほとんどだと思いますが、実はそうではありません。
エアコンの運転が設定室温になり、静かな運転になるのは、室温が設定室温になったから無く、その部屋の壁や天井の材料の温度が設定室温にまで下がったから、エアコンの運転が止まったのです。

■壁や天井(床)は、室温に同化しています。
たとえば、蒸し風呂のように暑くなってしまった部屋。
この部屋の室温が32℃であれば、壁や天井(床)に使われている材料の温度も32℃近くになっているのです。

■そして、エアコンは空気を介して、一生懸命壁や天井を冷やしている。
空気は、ガスコンロの火を見れば明らかなように、ガス火の直近の空気は暖かくても、少し離れた空気は室温のままです。つまり、空気はあっという間に暑くもなり、冷たくもなるのです。ですから、室内の空気が設定室温に下がっても、部屋の廻りの材料の温度が下がらなければ、壁や天井から放出される熱(輻射熱)によって、いつまでも空気は暖かくなろうとし続けるのです。

だから、輻射熱源である壁や天井(床)が設定室温近くまで下がらない限り、いつまでも暑いです。
エアコンは黙って、それをし続けているのです。(輻射熱源の元である壁や天井に使われている材料の温度を下げている)

■そして、壁や天井の材料の温度が設定室温に下がったとき、エアコンは運転を止めるのです。

これはどういうことを意味するのでしょうか・・・・・・・!
●早めのエアコン運転
部屋が暑くなりすぎたら、それだけ周囲の壁や天井の温度も上がっており、エアコンはそれを下げるために余分な運転が必要になる。
だから、部屋が暑くなってからでは無く、「少し暑くなってきたな」という頃からエアコンをかけた方が良いのです。つまり、エアコンを入れるタイミングは、壁や天井の温度が上がりすぎない時期ということになります。
●1〜3時間の外出なら、連続運転の方が良い
だから、少しの時間(1.3時間程度)外出をして、誰も使わなくても、エアコンは付けて置いた方が経済的なのです。(注:高断熱住宅の場合です)

注:室内の壁や天井(床)の材料の温度は、外気が高ければ、いくら断熱材があっても、少しずつ、少しずつ浸入してきます。そして、高断熱にするほど、熱が入りにくいと言えますね。
注:3,000円ほどの放射温度計というものを使えば簡単に材料の温度が測れますよ。そうすれば、壁や天井に使われている材料の温度は、室温近くまで上がっていることや、この材料が設定室温になるまで、エアコンが運転していることもわかりますよ。検証付きな人はお試しあれ!



17-0724.gif



13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 10:31| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2017年07月19日

暑い夏を乗り切る小ネタ集−1(断熱は当然−アレ−ですよ)


暑い夏が続いていますね。
これから盆にかけて、地熱が蓄積され、いよいよ熱帯夜の季節に突入していきます。
暑さはまだ序の口!!

そんなこんなで、しばらく更新もしなかったブログですが、「暑い夏を乗り切る」というテーマで小ネタ書いていきます。その前に、絶対にチェックしておかなければならないもの!!

それは当然「アレ」です。

「アレ」とは、建物の高断熱化。
これなくしては、快適な夏は過ごせません。
つまり、いくら暑さをしのぐ方法を実践しても、家のベースとなる断熱性能が低ければ、文字通り「焼け石に水」状態ですからね。

■大手ハウスメーカーでは、ほぼ全てが高断熱の建物が標準となっていますから安心しましょう。
中規模の住宅会社、中規模の建売住宅でも、だいたいは高断熱化が進んでいます。
しかし、中小、零細の住宅会社では、まだまだ、完全な高断熱化まで進んでいません。

住宅は「平成25年基準」、少し前の「次世代省エネルギー基準」あるいは「省エネ等級4」という表現でも良いですが、仕様書を読んで、これらの名称が書かれている事を確認しましょうね。
もし、なっていなければ、「遅れた会社だね」とチクリと皮肉を言いつつ、高断熱化になるように交渉しましょう。

15-0817.gif


■新築時の注意点(天井断熱の厚みに注意)
ただし、大手は別にして、中規模の住宅会社で高断熱化をした住宅であっても、天井断熱を半分にしている住宅があります。窓ガラスを高性能化する代わりに天井断熱等を半分にトレードオフできる関係があるのですが、このような住宅は暑いです。
なぜかというと、断熱設計は気温を考えていても、熱の日射は考慮していないからです。
(断熱設計は、外気温との気温差による熱伝導率でしか考えないので)
太陽の照りつける屋根の温度は60℃以上。屋根裏は真夏では50℃に達します。
その熱が、いくら天井に断熱材があるとは言え、2階の部屋に伝わってきます。
それは下記のページでも紹介しています。
次世代なのに!!トレードオフに要注意

そのため、下のチェックをしておきましょう。
天井断熱の厚みが100mm内外の場合は、最低でも1.5倍に厚くするように変更しておきましょう
注:この厚みはグラスウール系断熱材の場合です。


■すでに家を建ててしまって、「暑い。暑い」と愚痴をこぼしているあなた。
それはもう、断熱補強しかありません。一番効果的なのは「天井断熱の厚みを倍にすること」
効果覿面ですよ。
下記のページが参考になりますよ。(私が自分で行った断熱リフォームです)
「自分で出来る断熱リフォーム」

17-0719.gif


13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif


posted by WM.Hori at 09:56| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム