2018年01月25日

軒の出と建物の耐久性


家を考える時に、間取りは一生懸命考えても、軒の出まで考えている人はそう多くないのではないでしょうか。
下の写真は、いろんな軒の出をもった家の写真ですが、
Aは、外壁から90cm程度の深い軒があります。デザイン的には少し不細工ですが、外壁に雨が当たらないので建物としては長持ちします。でも、敷地境界までの距離が必要なので、相当敷地に余裕が無いと作れません。

Bは、郊外の住宅に多いごく一般的な軒の出で、60cm程度あるでしょうか。

Cは、少し軒の出が狭くなっています。30〜45cm前後でしょうか。外壁の色が白いので下の方は変色してきています。軒の出が短いだけ、ちょっと雨が斜めに降ると外壁に直接当たるため、外壁の傷みはAの住宅よりも早いです。

Dは、最近はやっているビル風の住宅です。一軒すっきり見えますが、雨漏りトラブルも多く、雨が降れば常に外壁にも当たるため、一番劣化が早いです。
また、このような外観が並んでいるのを見ると、壮観と言うよりもコンテナハウスが並んでいるのか、という錯覚を覚えました。耐久性としてはもっとも過酷な環境になる建物ですし、雨漏りリスクも最も高い建物ですね。

Aはデザイン性に難があり、敷地も広く必要だが、建物は長持ちしやすい。
B.Cは、敷地の関係で、まぁ、これしか伸ばせない中庸な住宅です。
Dは、正直、雨漏りリスクが高くなり、劣化の進行が早く、メンテに細心の注意が必要な住宅ですね。

家のデザインや軒の出の問題だけでも、様々なパターンがあり、様々に優劣が生じますよ。

18-0125.jpg


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

■本ブログは2007年(平成19年)にスタートして以来、約1500タイトルになりましたが、テーマが多義にわたり輻輳(ふくそう)してきたため、WEBサイト「住まいの水先案内人」にリライトして収録したうえで過去のタイトルを削除し、平成17年後半から改めてスタートしています。

570-end-5.gif
posted by WM.Hori at 11:49| Comment(0) | ■いろいろ(未分類)

2018年01月15日

ねじ三山の意味


ボルトとナットで締める、たとえば基礎と土台を繋ぐアンカーボルトは、『ねじ山は三山以上出ていること』といった規則が書かれている資料を見ることがあります。
このような例に限らず、世の中には、理ごとの例がいくつもあります。
古典的な「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いてもふた取るな」というのはかまどでご飯を炊くときの要領らしいですね。

その類の話で、以前からずっと気になっていた『ねじ山は三山以上出ていること
確かに、仕様書などに書かれているので、『書かれたとおりにするものだ』という事はわかるのですが、『どうして三山なの』という部分が腑に落ちませんでした。


誰かに、『どうしてねじ山は三山以上出ていないとだめなのか』と聞かれても、何も答えることが出来ませんでした。

ある日、暇なので何気なくネットで『ねじ三山』で検索したところ、下記のページに出くわし、なるほど、なるほどと思った次第です。

「ナットを締結した時、どうしてねじ山を3山以上出す方が良いのか?」(ボルトエンジニア株式会社)

詳しくは上のページを読んで頂ければわかりますが、『ねじ山は三山以上出ていること』の理由は要約すると2つの理由のようです。
■製造面からの理由
ボルトを製造するときにボルトのねじ部の端部2山程度は、不完全なねじ山が出来やすい部分。そのため、不完全に物となっているかもしれないねじ山を避ける意味で、ボルトの端部から3山以上離した方が良い。

■力学的な理由
地震時に土台などに引き抜き力(建物が上に持ち上がろうとする力)がかかると、ナット全体に均等に力が加わって抵抗しているのでは無く、下図左のように最初のねじ山が一番抵抗力が大きく、上に行くほど抵抗力が下がるようです。
しかし、一番上のねじ山でもう一度抵抗力が増すのですが、ねじ山が出ていないと抵抗力が増さない。つまり、本来の抵抗力を発揮できないなるようなのです。

18-0115.gif


何かモヤモヤしているのが腑に落ちるとなぜかすっきりします。
そんな問題でした。

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

■本ブログは2007年(平成19年)にスタートして以来、約1500タイトルになりましたが、テーマが多義にわたり輻輳(ふくそう)してきたため、WEBサイト「住まいの水先案内人」にリライトして収録したうえで過去のタイトルを削除し、平成17年後半から改めてスタートしています。

570-end-5.gif
posted by WM.Hori at 10:58| Comment(0) | ■いろいろ(未分類)

2017年12月12日

基礎立上がりにジャンカが出来る理由(わけ)


 基礎が完成したら、右の写真のようなジャンカらしきものが、基礎の立ち上がりの下部に出来る事がよくあります。
 「大丈夫なのかなぁ。」
 いろいろ事前に勉強した人になると、「これがジャンカと言われるものではないのか」と不安を覚えたりします。

■基礎立ち上がりの下部にジャンカ(?)が出来る理由
 ジャンカが非常に出来やすい部分ですが、それにはキチンとした理由がありますし、ここに出来るジャンカは全く心配する必要の無いジャンカです。
 立ち上がりの型枠は木製または鋼製の型枠を使いますが、鋼製の型枠は右の図のような「セパレーター」というものを底盤コンクリートの上に固定して鋼製型枠を固定していきます。
 そのため、スペーサーの厚み分2.3mmの隙間が、必ず底盤コンクリートと型枠の間に生じます。その隙間から、コンクリートのセメントペーストと呼ばれる成分が流れてくるのです。これがジャンカの原因です。
 反面、木製型枠は「スペーサー」という部材を使わないで、型枠を直接、底盤コンクリートに固定するので、隙間が生じにくく、ジャンカのようなものもできにくい傾向があります。

17-1212.gif


・・・・続きはWEBサイトをご覧下さい・・・・

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

■本ブログは2007年(平成19年)にスタートして以来、約1500タイトルになりましたが、テーマが多義にわたり輻輳(ふくそう)してきたため、WEBサイト「住まいの水先案内人」にリライトして収録したうえで過去のタイトルを削除し、平成17年後半から改めてスタートしています。

570-end-5.gif
posted by WM.Hori at 14:38| Comment(0) | ■いろいろ(未分類)

2017年10月17日

延長かし保険


 現在の新築住宅は、全ての住宅に10年のかし保険がかけられています。そのため10年間は雨漏りなどが起こっても安心です。かし保険から修繕費用が下りますからね。
(注:修理の保険金は建物を建てた業者に支払われます)
 でも、新築時に入っている『かし保険』は新築から10年間だけです。そのため10年を過ぎて雨漏りが起これば、自費で直さなければなりませんでした。
 しかし、新たに築10年目以降もかし保険が使える『延長かし保険』という制度がスタートしています。一度、検討してみる価値はありそうですよ。

ber-house.gif
■延長かし保険とは・・
 かし保険の会社により、多少内容が違うので、ここでは「住宅保証機構」の「すまいまもり延長かし保険」で説明してみます。
 この会社では、築10年目以降に、点検とメンテナンス工事をすることによって、あと10年のかし保険が付けられる「10年延長プラン」と、点検をすることであと5年【1回目】、そして、その間にメンテナンス工事をすることで、さらに5年【2回目】の(合計10年)の延長かし保険が付けられる「5年延長プラン」の2種類があります。

 イメージ的には下のようなイメージです。
 点検とは、表面的な不具合がないかどうかを目視で保険会社が検査します。
 メンテナンス工事とは、各部シーリング工事、屋根の板金部分の塗り替え、金属屋根の場合は全面塗り替え、外壁の塗装工事、木部の塗装、バルコニーなどの防水保護塗装の塗装工事など防水機能を保全する工事を行う必要があります。

17-1017.gif


ber-house.gif
■お勧めの方法は
 良さそうなんですが、10年延長プランも5年延長プランも、それぞれにクセがありますね。
 ひとつ一つのプランを調べてみましょう。

・・(以降はホームページをご覧下さい)・・・・・・

13-0000.gif
【お知らせ】
★ブログの記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中でしたが、もうすぐ終わります。
★順次ブログの更新も増やして行く予定です。


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:30| Comment(0) | ■いろいろ(未分類)