2015年04月08日

東京の異変!(日本で一番寝苦しい都市になる可能性を秘めている)


昨日、東京に行ってきました。
すでに多くの桜は散っていましたが、私のいる関西ではまだ散り始めです。
今年の桜の開花は、東京が一番でした。(小都市では別として)
このような傾向はここ2.3年はあったように記憶しています。

桜は西から咲いていくのじゃ無かったの??

そう。

東京で異変が起こっています。

どうして、東京の方が開花が早いのだろう。たしか、あるときからの気温が400℃になったときに開花する、と聞いたことがありますが、それは東京の気温が高くなったせい??」と思い、調べてみました。

15-0408.gif


相当以前にブログでも取り上げましたし、拙著「断熱と気密」の本でも取り上げていますが、わかりやすい比較として「熱帯夜となる8月の最低気温(平均)」を調べてみたのが上の図です。図の橙色が8月の最低気温(平均)が25℃を超えた年を表しています。

2010年〜2014年の8月の最低気温(平均)は、鹿児島は別としても、大阪の次に高くなっています。南国と言われる高知、和歌山よりも高いです。しかも、大阪の26.1℃に対して、東京はこの5年の平均は25.7℃で、いつも暑い大阪と言われている大阪とわずか0.4℃の差になってしまいました。
25℃を超えれば熱帯夜ですから、東京はすでに平均的に熱帯夜の夏に入っています。

8月の最低気温(平均)が25℃を超えてた年を数えてみると、東京は2000年から2009年までは10年間で3回しか25℃を超える年が無かったのに、2010年からの5年間ですでに3回も超えた年があります。

つまり、東京の夏は確実に暑くなっているのです。
「桜が咲いた。一番早い。バンザ〜イ!」なんて言っている場合ではありません。

たぶん、東京オリンピックが開かれる頃には、日本で一番寝苦しい都市になっている可能性が高いですよ。

このブログに対するご意見や批判があれば、ウェブサイトのメール案内からメール送信してください。
なお、ブログに対するメールをいただいても、ご返事をお約束するものでありません。


「間取り図でわかる買っていい家と悪い家」を出版しました。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
・左の断熱の本は、昨年の6月に出版したものです。あわせてご利用ください。

   book-1.gif        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:59| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2013年08月23日

恐るべし、省エネ度


1ヵ月ほど前、我が家のエアコンも断続的に買い換え、このたび冷蔵庫の買い換えて過去3年間の電気代を見たら大きく下がっていた・・という話をしましたね。
電気代が 25%ほど下がっていた、という話なのですが、この時はまだ、真夏になっていませんでした。(7月19日のブログです)
そのときの図が、下の図です。

13-0720-2.jpg


さて昨日、真夏の電気代が計られ、検針表が郵便ポストに入っていたのですが、それによると、なんと、前年同月比で19%の電気代の節電となっていました
数値としては、前年536kw/月が、今月434kw/月でした。
テレビで毎日言われるほどのすごい猛暑で、エアコンはフル稼働だったはずですが、やはり冷蔵庫の買い換え効果が非常に大きいようです。
なぜなら、エアコンの買い換えは昨年すでに終わっていますし、エアコンの使い方も特に変えていないからです。

以前、冷蔵庫は10年前の冷蔵庫に比べて68%前後の省エネ(上の図)になっていると説明したことがありますが、本当にそのようですね。


下の図は、家庭の電気がどのように使われているかを表した平均像です。
(省エネルギー庁・省エネカタログ2012夏版より)
夏も冬も、オール電化もそうでない家も全て突っ込んだ平均値ですから、実際には各家ごとにパターンは異なりますが、家庭の電力消費の割合では、いずれにしても、冷蔵庫の消費電力がトップです。
これを省エネの進んだ最新機種に変えれば、大きな節電効果をもたらしそうです。
(事実、我が家がそうでしたから)

そして、図を見てみると2006年当たりから省エネ度合いがはやくなっています。
2006年の最大値は600kw/年。それが2012年になると220kw/年ですから、大きな省エネ度合いです。
数年前の冷蔵庫を持っているのなら、新築時に買い換えた方が電気代は安くなるのかも知れませんね。

13-0823.jpg



「間取り図でわかる買っていい家と悪い家」を出版しました。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
・左の断熱の本は、昨年の6月に出版したものです。あわせてご利用ください。

   book-1.gif        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif


posted by WM.Hori at 09:42 | TrackBack(0) | 省エネ、断熱コラム

2012年07月30日

暑さは東へ


相変わらず猛暑が続いています。
でも以前から何となくですが、その暑さも東にうつっているような感じがしていました。

その理由は、第三者監理などで愛知県の方に出向いても、大阪よりも暑いと感じたときが多かったのです。大阪が三大都市の中で一番暑いと思っていたのに、愛知の方が暑いのだろうか?と疑問に思いつつ、最近では、東京の暑さも半端ではありませんね。
また、数日前にお会いした名古屋の方も、『ここ4.5年、名古屋は暑くなった』と言われました。

それで、例により調べてみました。

12-0730.gif右の図が、この10年間の7月の真夏日、猛暑日、熱帯夜の日数を調べたものです。
今年の7月だけは28日までの集計です。
それをみると名古屋の猛暑日が非常に多いのが目につきます。
真夏日の日数は大阪よりも少し少ないのですが、猛暑日が極端に多いですね。

それではと、2003年から2006年の4年間と、2009年から2012年の4年間を比較してみました。
つまり、10年間の前後で、日数に変化があったのかという疑問です。

大阪は、真夏日は5%増えただけで、熱帯夜は逆に減っています。
東京と名古屋の真夏日は25%も増え、特に東京の熱帯夜は50%も増え、名古屋は25%増えています。

つまり、大阪の暑さはこの10年間横ばいなのに、東京と名古屋は25%程度暑くなっているのです。暑さは東に移っている。だから関東方面にも台風が来るようになったのでしょうか??

私も名古屋が暑くなったと感じ、名古屋の方が、、『ここ4.5年、名古屋は暑くなった』と言われたことは、データにもっきりと現れているようです。


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

AA115.jpg「断熱」の本を出版しました。2011.6
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる!断熱・気密の技術・・・・・下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
セブンネットショッピング
楽天ブックス

570-end.gif
posted by WM.Hori at 09:12 | TrackBack(0) | 省エネ、断熱コラム

2012年07月27日

次世代なんて、15年前の基準


暑い日が続いていますね。
最近は暑さの山が大阪ではなく、愛知や東京に移っているような感があります。

さて、すでに家を建てられた人にとっては、
「無理をしてでも、次世代省エネにしてよかったよ」と思った方と、
「やっばり、あのとき次世代省エネにしておけば」と思った方の
どちらかに分かれたのではないでしょうか?

耐震性を上げることで受ける恩恵は、一生にせいぜい1回です。
つまりは、大地震が来ない限り、本当の意味で実感できません。
劣化の低減は、長年住まないと結果がわかりません。
維持管理の等級なんて、30年先にでも問題が生じない限り、メリットなどわかりっこありません。

でもそれに引き換え、断熱は毎年、毎シーズン影響を受け続けます。


等級3の「新省エネルギー基準」で建てた家と、「次世代省エネルギー基準」で建てた家とでは、大げさに言えば、倍と半分ほどの違いがあるかもしれません。(体感的にね)

「長期優良住宅」や「住宅エコポイント」など、旬の話題に興味があった人は次世代省エネを選び、今まで賃貸マンションで快適な生活をしてきた人は、案外「断熱」には、興味が向かなかった人も多いのではないでしようか。

いま、住宅の断熱仕様をリードし、長期優良住宅や住宅エコポイントで必須事項となったている『次世代省エネルギー基準』

実は、この基準は15年も前、1999年につくられたいわば、古い古い基準なのです。

12-0727.gif



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

AA115.jpg「断熱」の本を出版しました。2011.6
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる!断熱・気密の技術・・・・・下記でお求めいただけます。
アマゾン(Amazon.co.jp)
セブンネットショッピング
楽天ブックス

570-end.gif
posted by WM.Hori at 09:01 | TrackBack(0) | 省エネ、断熱コラム