2017年08月08日

夏を乗り切る小ネタ集−4(日陰をつくれ)


夏本番です。
17-0808.jpg信号待ちをする交差点では、多くの人が日陰を探します。信号まで遠くても建物の日陰が良い!
夏の日傘は女性の夏の風物詩。男性でも日傘をさす人をたまに見かけます。
それだけ日なたと日陰では暑さが違います。
太陽の日射しは痛いほどですね。
そりゃまぁ。地面の温度ってすごいです。右のページにそのことを紹介しています。・「田舎は涼しい

家も同じで、夏だけ家用の日傘があれば良いのに・・・!!

それは冗談としても、夏の暑さをしのぐには、
1.バルコニーやテラスの前には「オーニング」や「ターフ」で日陰を作る。
2.窓に太陽が入らないように、「すだれ」を吊す。
3.窓にはカーテンを吊し、熱が入るのを少なくする。
小技はいろいろあるのですが、『全てに共通することはマメさ』です。
特に台風シーズンでは、強風が良さ鵜される地域に当たると、これらの小道具をしまう必要が出てきますね。
要は、『住宅の窓にも日陰をつくれ』ということなのですが、ついつい、面倒くさ〜い!!そう考えてしまいがちですね。

17-0808-2.jpg少し前、ある方のご自宅に伺ったとき・・・
『テラスの照り返しがすごくて、暑いんですよ』と言われました。私は、
『テラスの前にオーニングやターフをして、少しでも日陰を作り、タイルからの照り返しを無くすとマシになりますよ』と返したのですが、返ってきた返事は、
面倒だなぁ〜』でした。
(右の写真は、カインズホームのターフです。)

この時点で、この方はエアコンに頼るガンガンの快適さしか手に入らなくなりました。
以下、参考記事です。
パーゴラを作ろう、・簡単オーニング、・カーテンの仕切りで快適に、・暑さを半減カーテンテク

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 11:43| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム
この記事へのコメント