2017年07月19日

暑い夏を乗り切る小ネタ集−1(断熱は当然−アレ−ですよ)


暑い夏が続いていますね。
これから盆にかけて、地熱が蓄積され、いよいよ熱帯夜の季節に突入していきます。
暑さはまだ序の口!!

そんなこんなで、しばらく更新もしなかったブログですが、「暑い夏を乗り切る」というテーマで小ネタ書いていきます。その前に、絶対にチェックしておかなければならないもの!!

それは当然「アレ」です。

「アレ」とは、建物の高断熱化。
これなくしては、快適な夏は過ごせません。
つまり、いくら暑さをしのぐ方法を実践しても、家のベースとなる断熱性能が低ければ、文字通り「焼け石に水」状態ですからね。

■大手ハウスメーカーでは、ほぼ全てが高断熱の建物が標準となっていますから安心しましょう。
中規模の住宅会社、中規模の建売住宅でも、だいたいは高断熱化が進んでいます。
しかし、中小、零細の住宅会社では、まだまだ、完全な高断熱化まで進んでいません。

住宅は「平成25年基準」、少し前の「次世代省エネルギー基準」あるいは「省エネ等級4」という表現でも良いですが、仕様書を読んで、これらの名称が書かれている事を確認しましょうね。
もし、なっていなければ、「遅れた会社だね」とチクリと皮肉を言いつつ、高断熱化になるように交渉しましょう。

15-0817.gif


■新築時の注意点(天井断熱の厚みに注意)
ただし、大手は別にして、中規模の住宅会社で高断熱化をした住宅であっても、天井断熱を半分にしている住宅があります。窓ガラスを高性能化する代わりに天井断熱等を半分にトレードオフできる関係があるのですが、このような住宅は暑いです。
なぜかというと、断熱設計は気温を考えていても、熱の日射は考慮していないからです。
(断熱設計は、外気温との気温差による熱伝導率でしか考えないので)
太陽の照りつける屋根の温度は60℃以上。屋根裏は真夏では50℃に達します。
その熱が、いくら天井に断熱材があるとは言え、2階の部屋に伝わってきます。
それは下記のページでも紹介しています。
次世代なのに!!トレードオフに要注意

そのため、下のチェックをしておきましょう。
天井断熱の厚みが100mm内外の場合は、最低でも1.5倍に厚くするように変更しておきましょう
注:この厚みはグラスウール系断熱材の場合です。


■すでに家を建ててしまって、「暑い。暑い」と愚痴をこぼしているあなた。
それはもう、断熱補強しかありません。一番効果的なのは「天井断熱の厚みを倍にすること」
効果覿面ですよ。
下記のページが参考になりますよ。(私が自分で行った断熱リフォームです)
「自分で出来る断熱リフォーム」

17-0719.gif


13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif


posted by WM.Hori at 09:56| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム
この記事へのコメント