2016年06月14日

長い筋交いは弱かった


熊本地震では、古い家が多く倒壊しました。筋交いも釘だけで留めている家が多かったようです。
では、新しい金物を使った建物が大丈夫だったかというとそうでもありませんでした。

そして、今回の地震でわかった事は・・。
長い筋交いはダメなようだ〜・・です。

16-0614.gif右の図は、筋交いを910mmの柱ごとに筋交いを2本いれたもの(左図)と、1.82mの柱の間に一本だけ入れた筋交い(右図)です。
耐震計算上は、実は同じ耐震上の強さを持つものとして計算されています。
しかし、熊本地震の事例を見ると、長い筋交い1本で構成された筋交いは、2本で構成されて筋交いの0.8倍程度の強さしかなかったようなのです。

前回の説明しましたが、筋交いは筋交いの両端の金物でしか留められていません。底に集中的に力が加わります。
左図の2本筋交いを利用した場合は、4つの金物で取り付き、1本しかない場合は2つの金物でしか付かないのですから、考えればそうですね。
いずれにしても熊本地震の事例を見ると「筋交いの多用はよくない」と思ってしまいますね〜。

でも筋交いの強さなど、国が実験をして決めていそうなものなのですが、地震のたびにいつも新たな問題が浮かび上がってきます。地震対策に「完全」という言葉はないようです。

次回は、アパートはなぜ倒壊したのか。
学生アパート全体がつぶれて3人の大学生が下敷きになり無くなりました。
きれいそうな学生アパートの何が、倒壊の原因だったのか。
日経の資料からお送りします。

このブログに対するご意見や批判があれば、ウェブサイトのメール案内からメール送信してください。
なお、ブログに対するメールをいただいても、ご返事をお約束するものでありません。


『図解入門 よくわかる断熱・気密の基本と仕組み ・第2版』を出版しました。
省エネ・断熱・結露・効果的なエアコン配置・内部結露・熱帯夜」などに関心のある方にお勧めです。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
右の「間取り図でわかる買っていい家悪い家」は、2012年9月に出版したものです。


   AA116.jpg        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:50| Comment(0) | 熊本地震に思う
この記事へのコメント