2016年06月07日

筋交い破断と柱の引き抜き多発


3つめの熊本地震の特徴は、『筋交い破断と柱の引き抜き多発』にあります。

定着するかどうかわかりませんが、この特徴を関係者は『波状的地震』と名付けたようですが、熊本地震の特徴に、必殺KOパンチ連続2発とジャブの集中(波状的地震)がありましたが、そのために、筋交いが破断したり、筋交いの付いている柱が引き抜かれる家屋が多発したようです。

筋交いが多く破断した理由は、繰り返し繰り返し、しかも極度に集中して訪れる波状的地震に対して、『筋交いに粘りが無かった』ためと考えられています。

★耐力壁には、『筋交い』と構造用合板やダイライト、MDFなどを使った『面材耐力壁』の2つがあります。その違いは、下図からも明らかですね。

16-0607.gif


★筋交いは、柱に止められますが、筋交いの両端の筋交いプレートという金物だけでつけられています。この金物に使うビスの量は一般的に26本です。

★構造用合板などの面材耐力壁では、軸組工法の場合150mm間隔で釘を打っていき、その数は階高2.8mの建物では68本にもなります。

見てもわかるように、「筋交いでは、どうしても筋交いの両端に力が集中してしまう」のに対して、「面材耐力壁では力の分散が出来ます」ね。

この分散と集中の違いが、『波状的地震』という特徴が加わって、『筋交いの破断や柱の引き抜きの多さ』になったのだろうと思います。

★でもそれだけではありません。
筋交いの歴史って、本当に新しく、本格的に使われ出したのは戦後の建物からなのです。
その話は次回に・・。

このブログに対するご意見や批判があれば、ウェブサイトのメール案内からメール送信してください。
なお、ブログに対するメールをいただいても、ご返事をお約束するものでありません。


『図解入門 よくわかる断熱・気密の基本と仕組み ・第2版』を出版しました。
省エネ・断熱・結露・効果的なエアコン配置・内部結露・熱帯夜」などに関心のある方にお勧めです。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
右の「間取り図でわかる買っていい家悪い家」は、2012年9月に出版したものです。


   AA116.jpg        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:35| Comment(0) | 熊本地震に思う
この記事へのコメント