2018年02月21日

エアコン暖房、つけっぱなしとこまめに入り切りはどっちが得か

 もうすぐ春ですね。
そんな時期に、こんな話題はどうかと思うのですが、一応記事があったので、まだ読まれていない方はご覧頂ければ良いかと思い、ピックアップしてみました。

■エアコン暖房、つけっぱなしとこまめに入り切りはどっちが得か−ダイキン
京都市内の築15年、ほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って、実際にエアコン暖房を「つけっぱなし」、「こまめに入り切り」して行なった。

★実験1
24時間つけっぱなしにしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較した。その結果、全ての時間帯において、30分間隔で「こまめに入り切り」するよりも「つけっぱなし」にした方が消費電力量は小さく、電気代が安くなった。

★実験2
1日の生活スケジュールを想定して、外出時/在宅時に関わらず24時間「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較。その結果、夜間(18〜23時)2時間の外出をした場合、運転を切った方が電気代が安くなった。
しかし・・・・・
外出時に運転をOFFにしたエアコンでは停止時間が13時間もあったが、24時間連続運転したエアコンとの電気代の差は約30円程度だった。これは、24時間連続運転した場合、室温にほとんど変化がなく、部屋の天井や床、壁に蓄熱されているため、少ない電力でエアコンを運転できるからだという。

★24時間冷暖房の薦め
以前から当サイトでは、高断熱の家は24時間冷暖房がお勧め・・と説明していますが、それを裏付けた形ですね。
1日に30円の違いですから、すごく寒い時期、すごく暑い時期だけに限定すれば、せいぜい半月ほどです。
電気代にして500円程度のアップなのですから、24時間冷暖房は、ぜひぜひ挑戦して欲しい生活スタイルですね。

わかりやすい記事:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1106874.html
元記事(ダイキン):http://www.daikin.co.jp/kuuki/results/05/02.html

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

■本ブログは2007年(平成19年)にスタートして以来、約1500タイトルになりましたが、テーマが多義にわたり輻輳(ふくそう)してきたため、WEBサイト「住まいの水先案内人」にリライトして収録したうえで過去のタイトルを削除し、平成17年後半から改めてスタートしています。

570-end-5.gif
posted by WM.Hori at 14:00| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2017年08月31日

『見落とされた癌』−3−信頼関係の築き方


この方、竹原慎二さんの本を読んでもう一つ思ったこと。
それは、信頼関係の築き方についてです。

17-0819.gifこの病院に転院してきて本当に良かった。僕は自分の思っていること、望む治療方法、要望をはっきりと言った。疑問点や不安な点も正直な気持ちを話してきた。患者側も勉強し、意思表示をしなくてはダメだ。そして、ここでは僕の要望に出来る限り寄り添ってもらえた。もちろん、ときには僕の素人考えの知識で無理な要望もあった。でもそのときは、それが出来ない理由をキチンと説明してくれたから、すごく納得出来た。だからとても良い信頼関係が気づけたのだと思う。

患者側も医師側もキチンということを言い合う仲で、信頼関係が生まれていったようです。
これは、住まい作りも同じでしょう。
建築には素人だから、口を出さない。出すな、というのもダメ。
建築トラブルでも、建てる側が建築主の疑問や不安に的確に答えないことで、疑心暗鬼が生まれるケースも意外と多いです。

信頼形成は、結局双方の問題なんですね。
片方が一生懸命疑問をぶつけても、それに相手が答えなければ信頼関係など生まれない。
同様に、建てる側がいくら一生懸命説明しても、「お任せ」的態度の建築主とでは信頼関係も築けない。

17-0831.jpgだから、信頼関係を築き、あるいは求めようと思えば、そういう人との巡り会いも大事です。片方だけの努力では出来ない問題ですから。
そして何よりも、相手と信頼関係が築けるかどうかは、まずは、こちら側のアプローチ次第。遠慮はダメだということですね。
その次に、「納得してもらうこと。納得出来ること」−そういう相手なのかどうか−という事でしょうか。

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 11:21| Comment(0) | 大きなお世話

2017年08月24日

『見落とされた癌』−2


17-0819.gifこの本を読みました。
そして、この本を読んで、どこも基本は同じだなぁ・・という思いを強くしました。

医師に遠慮してはいけない
前回紹介した言葉ですが、文中では次のようなことも書かれてありました。

どんな名医であろうが14%は、誤診をしてしまうらしい。平均的な医者の誤診率は30%ぐらいあるそうだ
僕ら患者は身体の不調があれば病院へ行く。専門家を頼る。だが、そこを100%信じ切り、頼りすぎると、とんでもない目に遭う可能性もあるのだ
もし今、自分の感じている身体の不調があるのなら、難度でも医者に訴えた方が良い。追求した方が良い。遠慮なんてしていたらダメだ

この方の場合は、最初の長年の知人であった医師(ホームドクター)が、本人の不調を真剣にとりあわなかったために、ステージ4の癌を見落とした、と言うところから事件は始まるのですが、要は、医師に遠慮したことです。

その経験を経て、そんなことをするなよ!とこの人、竹原慎二さんは訴えています。

このこと自体(長年の知人、ホームドクターという関係で遠慮したこと)は、人間なので仕方の無いことだとは思いますが、似たような事は住宅を取得するときでも起こります。
人に迷惑をかけてはいけない、と考える遠慮気味な人や、物事をはっきりと言えない交渉ベタな人に多いです。無条件に専門家を信じ切ってしまう人もそうですね。

この人、竹原慎二さんはもう少し遅れていれば癌で死ぬところだったし、そこから生還するのに多大な時間と費用と体力を使ってしまいました。「もう少し自分が遠慮しなければ」「もう少し、自分の身体の不調を自分がおかしいと意識しなければ」・・とあとになって気づきます。
そのことが、この本のテーマの一つです、。竹原慎二さんが訴えたいことの一つです。

17-0824.gif住まいの水先案内人」サイトでは、「悩んだときに読むページ」というコーナーを設けていますが、その1/3程度は、そのような人(人に遠慮する人)や対人関係に困惑する人に対する助言で占められています。
2.3紹介すれば、次のような記事ですね。
臆病な自分と決裂しよう
業界のルールがわからない


生死を左右することだけで無く、住宅取得だって延々35年のローンを支払い続ける大事業です。
相手への配慮はしても、遠慮はするな。
自分の言いたいことはキチンと言おう。伝えよう。

この本は、分野は違えど、重大局面で人が取るべき態度はみんな同じであると思いました。
次回はもう一つ、この方が相手との関係について大事な事を語っています。そのご紹介です。


13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 09:56| Comment(0) | 大きなお世話

2017年08月19日

『見落とされた癌』(竹原慎二、双葉社)


という本を買いました。
衝動買いで、AmazonNで、プチッとしただけで、まだ読んでいないのですが 届いた本の「帯」を見たときに、フッと「この言葉は、自分たちにも共通する言葉だな」と思った言葉があります。

17-0819.gifその帯には次のように書かれていました。
「余命1年」
僕に残された時間だ。
諦めず、セカンドオピニオン、サードオピニオンと受け続けた。医者に遠慮してはいけない。自分のたったひとつしかない命なのだから−。元ミドル級世界チャンピオン、竹原慎二が膀胱癌ステージ4からの生還を果たした奇跡の物語。

この「医者に遠慮してはいけない」と言う言葉を、「設計者、建築士、専門家に遠慮してはいけない」と置き換えると・・。

家を建てる。そういうときに住宅会社から、「最近の客は無茶を言う」と言われる客も増えています。反面、建築士や住宅会社とのコミュニケーションが苦手な人も少なからずいます。

人の命と比較は出来ませんが、一生返さなければならないローンを抱える決断をするのに、遠慮がちに行動するのはやっぱり良いことではありませんね。
唐突な話ですが、この本の帯を見て、フッとそのような人たちがいることを思い出しました。

参考リンク・・悩んだときに読むページ

13-0000.gif
【お知らせとお断り】
★現在、ブログで更新していた記事を、「住まいの水先案内人」のサイトに移転作業中です。
★このブログに「ブックマーク」をつけておられる方は、「住まいの水先案内人」のサイトにブックマークを変更して頂くとありがたいです。
★以前の記事が表示されている場合は、ページを更新してみてください。



↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 16:47| Comment(0) | 大きなお世話

2014年12月08日

現場言葉(身内言葉)


とりあえず。とりあえず。」
さて・・・!!
この言葉、どう解釈していいもんやら・・。と書きましたが、言葉づかいには表向きの言葉と内用の言葉があります。
ある取引先に急ぐ同僚達が、交通事故に巻き込まれた。遅れそうだ。
そうすると「やばいなぁ〜」なんて言う場面もあるでしょう。
あるいは大急ぎで仕事を仕上げているとき、ついつい同僚から「とりあえず間に合わせろ」なんて檄が飛ぶかも知りません。
現場言葉って、実はこのような場面で使うことが多いのです。
面と向かって、お客様に遅れそうだ・・と報告するのに、「やばいっす」なんて言葉は使いませんね。
仕事がギリギリ間に合いそうなときに、お客さんに対して「とりあえず」なんて言葉も使いません。

14-1208.jpg要は気の置けない同僚達との会話の中で、このような言葉がふんだんに使われます。
たわいのない言葉なのですが、そういう言葉がちらっと流れてくると、聞いている方が取引先の人間であれば、とても平常心ではいられません。
ウチの仕事をいい加減に扱うなょ・・・」
でも、誰でもだいたい仲間内で丁寧語なんて使いませんね。だからあまり現場言葉に一喜一憂しないことですね。


このブログに対するご意見や批判があれば、ウェブサイトのメール案内からメール送信してください。
なお、ブログに対するメールをいただいても、ご返事をお約束するものでありません。


「間取り図でわかる買っていい家と悪い家」を出版しました。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
・左の断熱の本は、昨年の6月に出版したものです。あわせてご利用ください。

   book-1.gif        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 16:37| Comment(0) | ホントどうでも良い話

2010年12月02日

特定シーズンだけのドア

まるで今年の夏の暑さなどすっかり昔のことのように、寒い季節が始まりました。
写真は、ある階段に設けられた引き違い戸。
夏は2階から降り注ぐ暑い熱を遮り、冬は暖房をかけて空気が逃げないようにするためのドアです。
階段のすぐ前なので、やや使いにくいのですが、無いよりはあった方が、真夏と真冬は良い代物です。(普段は開けっ放しです)

10-1202.jpg


特に3階建て住宅では、階段部分がトンネル効果で、熱い空気、冷たい空気が階段を通じて逃げていってしまうので、階段で区画するドアは、省エネの点からもお勧めです。
注:実際には踊り場があった方が使いやすいですよ。

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
このブログの提供は、建築主のためのWEBサイト
住まいの水先案内人です。
住まいの水先案内人では、膨大な量の無料コンテンツとともに、失敗しない、後悔しない家造りのための多様なサービスをご用意しています。(現在1、700件以上のサポート実績)

posted by WM.Hori at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネ、断熱コラム