2018年02月21日

エアコン暖房、つけっぱなしとこまめに入り切りはどっちが得か

 もうすぐ春ですね。
そんな時期に、こんな話題はどうかと思うのですが、一応記事があったので、まだ読まれていない方はご覧頂ければ良いかと思い、ピックアップしてみました。

■エアコン暖房、つけっぱなしとこまめに入り切りはどっちが得か−ダイキン
京都市内の築15年、ほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って、実際にエアコン暖房を「つけっぱなし」、「こまめに入り切り」して行なった。

★実験1
24時間つけっぱなしにしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較した。その結果、全ての時間帯において、30分間隔で「こまめに入り切り」するよりも「つけっぱなし」にした方が消費電力量は小さく、電気代が安くなった。

★実験2
1日の生活スケジュールを想定して、外出時/在宅時に関わらず24時間「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較。その結果、夜間(18〜23時)2時間の外出をした場合、運転を切った方が電気代が安くなった。
しかし・・・・・
外出時に運転をOFFにしたエアコンでは停止時間が13時間もあったが、24時間連続運転したエアコンとの電気代の差は約30円程度だった。これは、24時間連続運転した場合、室温にほとんど変化がなく、部屋の天井や床、壁に蓄熱されているため、少ない電力でエアコンを運転できるからだという。

★24時間冷暖房の薦め
以前から当サイトでは、高断熱の家は24時間冷暖房がお勧め・・と説明していますが、それを裏付けた形ですね。
1日に30円の違いですから、すごく寒い時期、すごく暑い時期だけに限定すれば、せいぜい半月ほどです。
電気代にして500円程度のアップなのですから、24時間冷暖房は、ぜひぜひ挑戦して欲しい生活スタイルですね。

わかりやすい記事:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1106874.html
元記事(ダイキン):http://www.daikin.co.jp/kuuki/results/05/02.html

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

■本ブログは2007年(平成19年)にスタートして以来、約1500タイトルになりましたが、テーマが多義にわたり輻輳(ふくそう)してきたため、WEBサイト「住まいの水先案内人」にリライトして収録したうえで過去のタイトルを削除し、平成17年後半から改めてスタートしています。

570-end-5.gif
posted by WM.Hori at 14:00| Comment(0) | 省エネ、断熱コラム

2014年12月08日

現場言葉(身内言葉)


とりあえず。とりあえず。」
さて・・・!!
この言葉、どう解釈していいもんやら・・。と書きましたが、言葉づかいには表向きの言葉と内用の言葉があります。
ある取引先に急ぐ同僚達が、交通事故に巻き込まれた。遅れそうだ。
そうすると「やばいなぁ〜」なんて言う場面もあるでしょう。
あるいは大急ぎで仕事を仕上げているとき、ついつい同僚から「とりあえず間に合わせろ」なんて檄が飛ぶかも知りません。
現場言葉って、実はこのような場面で使うことが多いのです。
面と向かって、お客様に遅れそうだ・・と報告するのに、「やばいっす」なんて言葉は使いませんね。
仕事がギリギリ間に合いそうなときに、お客さんに対して「とりあえず」なんて言葉も使いません。

14-1208.jpg要は気の置けない同僚達との会話の中で、このような言葉がふんだんに使われます。
たわいのない言葉なのですが、そういう言葉がちらっと流れてくると、聞いている方が取引先の人間であれば、とても平常心ではいられません。
ウチの仕事をいい加減に扱うなょ・・・」
でも、誰でもだいたい仲間内で丁寧語なんて使いませんね。だからあまり現場言葉に一喜一憂しないことですね。


このブログに対するご意見や批判があれば、ウェブサイトのメール案内からメール送信してください。
なお、ブログに対するメールをいただいても、ご返事をお約束するものでありません。


「間取り図でわかる買っていい家と悪い家」を出版しました。
下記の図をクリックしていただくと、アマゾンにリンクしています。
・左の断熱の本は、昨年の6月に出版したものです。あわせてご利用ください。

   book-1.gif        book-2.gif


↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ

570-end-2.gif
posted by WM.Hori at 16:37| Comment(0) | ホントどうでも良い話

2010年12月02日

特定シーズンだけのドア

まるで今年の夏の暑さなどすっかり昔のことのように、寒い季節が始まりました。
写真は、ある階段に設けられた引き違い戸。
夏は2階から降り注ぐ暑い熱を遮り、冬は暖房をかけて空気が逃げないようにするためのドアです。
階段のすぐ前なので、やや使いにくいのですが、無いよりはあった方が、真夏と真冬は良い代物です。(普段は開けっ放しです)

10-1202.jpg


特に3階建て住宅では、階段部分がトンネル効果で、熱い空気、冷たい空気が階段を通じて逃げていってしまうので、階段で区画するドアは、省エネの点からもお勧めです。
注:実際には踊り場があった方が使いやすいですよ。

↓よかったプチッと一押しお願いします↓
にほんブログ村 住まいブログへ


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
このブログの提供は、建築主のためのWEBサイト
住まいの水先案内人です。
住まいの水先案内人では、膨大な量の無料コンテンツとともに、失敗しない、後悔しない家造りのための多様なサービスをご用意しています。(現在1、700件以上のサポート実績)

posted by WM.Hori at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネ、断熱コラム